【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

わきの黄ばみの落とし方。頑固なわきが汚れは重曹と酸素系漂白剤で落ちる。

わきの黄ばみが着いたYシャツを持つ主婦

わきの黄ばみの落とし方

YシャツやTシャツなど、衣類に付いたわきの黄ばみは中々落ちませんよね。

そこで今回は、簡単に出来るわきの黄ばみの落とし方を紹介します。

目次

 

わきの黄ばみは重曹で落ちる

わきの黄ばみは重曹で落とす事が出来ます。

重曹の粉末

重曹の正式名称は「重炭酸ナトリウム」で、パンのふくらし粉や医薬品にも使われている安全なものです。

じつは、重曹には漂白効果があります。この漂白効果でわきの黄ばみが落ちるのです。

重曹の使い方は簡単なので以下で説明しますね。

わきの黄ばみが落ちる重曹の使い方

500mlペットボトルなどに水を入れ、そこに大さじ1杯程度の重曹を入れてよく振って溶かします。

 重曹と水が入った500㎖のペットボトル

できた重曹水を洗面器などにあけ、そこに衣服の黄ばんだ部分を一晩つけておきます。

その後、普通に洗濯をします。

簡単ですよね (^^)

 

重曹でもわきの黄ばみが落ちない場合

わきの黄ばみが頑固な場合は重曹だけでは落ちません。

その場合のわきの黄ばみの落とし方は、「液体酸素系漂白剤」を一緒に使うと落ちます。

酸素系漂白剤の表示箇所

液体酸素系漂白剤を使う理由

そもそも、わきの黄ばみの原因はわきが汚れです。

わきが汚れは、わきの下にある「アポクリン汗腺」か出る汗が原因です。

この汗には、「リポフスチン」という色素成分が入っています。

このリポフスチンが衣類に付着する事によって、黄ばみが発生します。

塩素系漂白剤では落ちない

わきの黄ばみの原因はリポフスチンなので、塩素系漂白剤を使っても全く効果はありません。

なぜなら、塩素系漂白剤を使って落とせるのは、襟などに着いた皮脂汚れだからです。

なので、酸素系と表示された漂白剤を使って下さい。

重曹と酸素系漂白剤を使った落とし方

では、頑固なわきの黄ばみの落とし方を紹介します。

最初に、小皿などに重曹を少量取り、液体酸素系漂白剤を1:1の割合になるように入れ、よく混ぜます。

これで、特製漂白液が出来上がります。

混ぜる時の注意点

重曹と液体酸素系漂白剤を混ぜる時には、炭酸ガスが発生します。

なので、ペットボトルなどの密閉容器に入れて混ぜるのは大変危険です!

絶対にやめてくださいね (;^ω^)。

特製漂白液の使い方

特製漂白液ができたら、黄ばみに塗り、スチームアイロンのスチームを当てます。

 もくもく上がるスチーム

漂白剤は温度が40〜50℃の時に最も効果が高くなるからです。

面倒くさいという方は、ドライヤーの温風で代用も可能です。

手に持ったドライヤーのアップ

ちなみに、私はドライヤーの温風を使っています。

その後、通常通り洗濯をします。

使用上の注意点

この方法は、漂白力が大変強いため、色柄物には使用しないようにしましょう。

 

まとめ

わきの黄ばみは重曹で落とす事が出来ます。

わきの黄ばみが落ちたYシャツ

頑固なわきの黄ばみは、重曹と液体酸素系漂白剤を混ぜた特製漂白液で落ちます。

ただし、この特製漂白液はパワーが強力なので、色柄物には使用しないで下さいね。

また、混ぜる時は密閉容器に入れると破裂する恐れがあるので、お皿で混ぜて下さい。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

おすすめ記事

www.xn----gbuqhrbu0ce52arff5742gr5za9i3eyi4a112e.com