【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

アトピー男性の日焼け止め対策。おすすめの『日焼け止め』とは?

f:id:dddrrrppp123:20180406124620j:plain

アトピー男性におすすめの日焼け止め

アトピー性皮膚炎男性の『日焼け止め』のおすすは、「紫外線吸収剤」が入っていないものです。

紫外線吸収剤は、肌の上で化学変化を起こす有機化合物を含んでいるので、刺激が強いのです。

なので、「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」などと表示されたものを選ぶのがおすすめです。

 

また、人工着色料や人工香料、合成界面活性剤、石油系合成界面活性剤、防腐剤、安定剤なども、肌の刺激になりやすいので、こういったものが入っていないかどうかも、成分表示をよく見て確認してくださいね。

 

 

ただ、刺激になる成分が入っていない『日焼け止め』でも、自分の肌に合うとは限りません。

本格的に使用する前に、まずはパッチテストをして、肌に合うかどうかを確認した方が良いと思います。

また、『日焼け止め』を使うときは、直接塗るのではなく、ふだん使っている化粧水などを先に塗るようにして下さい。

こうすることで、日焼け止めの肌への刺激を軽減させることができるんですよ (*^^*)

おすすめの日焼け止めはこちら>>男性用日焼け止め「ZIGEN」

日焼け止めパッチテストのやり方

f:id:dddrrrppp123:20180406131958j:plain

アトピー性皮膚炎の男性は、購入した『日焼け止め』を使う前にパッチテストをして、自分の肌に合うかどうかを確認しましょう!

やり方は以下の通りです。

1、腕の内側など目立たないところに、『日焼け止め』を10円硬貨ぐらいの大きさに薄く塗って、自然乾燥させます。

2、30分後と2日後に、『日焼け止め』を塗った部分を観察して、肌に発疹や赤み、かゆみなどの異常がないかを確認します(異常があったときは、手などでこすらず、すぐに洗い流します)。

 

この記事のまとめ

紫外線は、肌にさまざまなダメージを与えますが、アトピー性皮膚炎の人にとっては、症状を悪化させる原因になるので、人一倍注意が必要です。

そのためアトピー性皮膚炎の男性にも、『日焼け止め』が必要です。

でも、『日焼け止め』の成分によっては、肌を刺激して、かえって悪影響を与える場合もあります。

なので、「紫外線吸収剤フリー」「ノンケミカル」の物を選んで下さい。

ただし、ノンケミカルの『日焼け止め』にはデメリットもあります。

詳しくはこちらの記事>>敏感肌の男性はオーガニックとノンケミカル日焼け止め

 

また、ノンケミカルの『日焼け止め』を使っても肌にトラブルが出る。という方は、飲む日焼け止め【ヘリオケア】や帽子、サングラス、UVカット素材の服を着て紫外線から肌を守ってくださいね。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。