【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

敏感肌男性の日焼け止め対策。海水浴やプールにおすすめグッズ3つ。

 日焼け止めを塗った敏感肌男性

「自分は敏感肌なので、海水浴やプールで日焼けするのが心配…」という方はこの記事を参考にしてください。

これからおすすめする3つのスキンケアグッズを持っていけば、日焼け止め対策がしっかりとできますよ (^^)

《メニュー》

 

海水浴やプールにおすすめのスキンケアグッズとは?

敏感肌男性と彼女がビーチで自撮り

敏感肌の男性にとって、紫外線による日焼けは恐怖ですよね。

これから夏本番を迎えますが、なるべく強烈な紫外線には当たりたくはないはずです。

かと言って、彼女や友人に誘われているのに、海水浴やプールに行かないのもつまらないですよね?

カワイイ彼女や気の合った仲間と海やプールに出かけて夏を楽しみましょう!

そこで、今回は、敏感肌の男性におすすめの3つのスキンケアグッズを紹介します。

その3つとは、

  1. 敏感肌男性用日焼け止め
  2. ヒアルロン酸化粧水
  3. ホホバオイル

これら3つです!

では、それぞれ紹介していきますね。

1.敏感肌男性用日焼け止め

肩にZIGEN日焼け止めを塗った男性

 敏感肌の男性に特化した日焼け止めがあります。

それがZIGEN(ジゲン)日焼け止めクリームジェルです。

ZIGEN日焼け止めクリームジェルはケミカルフリーなのと、紫外線吸収剤を配合していないので敏感肌の男性にピッタリです。

ただ、デメリットもあります。

一つは、『テクスチャー(使用感)が硬い』という事です。

紫外線吸収剤や鉱物オイルを使用していないので、ZIGENの日焼け止めクリームジェルは塗りにくいというデメリットがあります。

なので、肌には直接塗らずに手のひらでいったん伸ばしてから使う必要があります。

二つめは、『ウォータープルーフではない』という事です。

市販の日焼け止めは、ほとんどがウォータープルーフ(水をはじく)ですが、ZIGENは違います。

なので、海やプールで水に浸かってしまうと、比較的とれやすくなってしまいます。

これをカバーするには、海やプールから上がったあとは、軽くタオルドライして、こまめに塗り直す必要があります。

ZIGENを詳しく見てみる▶▶ZIGEN(ジゲン)公式サイト

 

2.ヒアルロン酸化粧水

ヒアルロン酸で水分保持

日焼けした肌はとても水分を欲しています。

なので、素早く水分補給をしてあげなくてはいけません。

日焼け後の肌の水分補給には、化粧水を使いますが、一番のおすすめはヒアルロン酸です。

ヒアルロン酸はめちゃくちゃ肌の水分を保持してくれます。

どれくらいかというと、ヒアルロン酸1gで水を6ℓも保持できるのです。

6,000倍ですから凄すぎますよね。どんだけ~(笑)

ただ、普通のヒアルロン酸は分子構造が大きいので、肌内部に浸透しにくいという欠点があります。

そこで、分子構造を小さくして、肌の奥まで届くよう改良されたのが、

“スーパーヒアルロン酸”です。

このスーパーヒアルロン酸を豊富に含んだ化粧水がロート製薬の『極潤ヒアルロン液』です。

ロート製薬の『極潤ヒアルロン液』はコンビニやドラッグストアに売っています。

amazonや楽天市場なとの通販サイトでも売られていますよ(^^)

 

極潤ヒアルロン液はこちら▼▼

 ↑ロート製薬 極潤ヒアルロン液 楽天市場

 

3.ホホバオイル

ホホバオイル瓶詰

ホホバオイルにはワックスエステルという皮脂と同じ成分が含まれています。

皮脂は肌の表面で皮脂膜という天然のバリアを作って、外界からの雑菌の侵入や刺激から防御しています。

また、皮脂膜は肌の水分が空気中に逃げないように、薄いヴェールで肌全体を覆い、蓋の役割も担っています。

ホホバオイルは肌本来が持っている成分と同じなので、刺激はかなり少ないのです。

なので、敏感肌の方はもちろん、アトピーの方も使っている天然の植物オイルなのです。

日焼けした後に、スーパーヒアルロン酸で肌に水分を与え、ホホバオイルで膜を張れば、日焼けによる肌の乾燥をかなり抑える事ができます。

ただし、ホホバオイルにもデメリットはあります。

一つは、『植物アレルギー体質の人は、肌に合わない』という事です。

ホホバオイルは、アメリカ西部の砂漠地帯に生息する植物『ホホバ』の種子から抽出された100%植物オイルです。

なので、植物アレルギー体質の方は使う事ができません。

じつは、ホホバオイルはオイルではありません。ワックスです。

ワックスとは蝋のことですが、このホホバの蝋は何故か固まらない“砂漠の奇跡”と呼ばれています。

二つめは、『塗り過ぎは皮脂の分泌を損なう』事です。

ホホバオイルの90%の成分は、ワックスエステルですが、元々人間の皮脂に含まれているので、ホホバオイルを塗り過ぎると「皮脂は足りている」と脳が判断して自然に皮脂を分泌するのを止めてしまいます。

こうなると肌は乾燥してしまうので良くありません!

ホホバオイルは1,2滴を手のひらで伸ばして優しく顔全体に塗るのが良いとされています。

全身ケアする時も同じよに少量を手にとって優しく伸ばしてください。

ゴシゴシとワイルドに塗るのはNGです!肌が傷つきますからね。

ベタベタに塗らなければ良いだけです。

・ホホバオイルの種類

ホホバオイルには透明なものと金色(ゴールド)のものがあります。

おすすめは金色(ゴールド)ですが、日焼け止め対策だけなら、お値段が安い透明なホホバオイルで十分です。

・金色(ゴールド)のホホバオイルはこちらの記事>>金色(ゴールド)オーガニックホホバオイルとは?

 

透明なホホバオイルはこちら▼▼

無印良品 ホホバオイル JOJOBA OIL 100ml

 

まとめ

ビーチでジャンプするカップル

今回は、敏感肌男性の日焼け止め対策について紹介しました。

記事のポイントをまとめておきます。

1.敏感肌男性におすすめの日焼け止めは、ZIGENクリームジェル。

⇒なぜならノンケミカルで紫外線吸収剤を使っていないから肌に刺激が少ない。

2.日焼けした後はロート製薬の極潤ヒアルロン液がおすすめ。

⇒なぜなら、スーパーヒアルロン酸の力で肌の水分を保持出来るから。

3.肌の保湿をした後にはホホバオイルがおすすめ。

⇒なぜなら、ホホバオイルの主成分は肌に刺激が少ないワックスエステルだから。

《メニュー》

今年の夏は今回紹介した3つのスキンケアグッズを持って、海やプールに出かけましょう (^^)

※ホホバオイルは万能です!!

ホホバオイルを海水浴やプールに持って行って効果的に使う方法を紹介している記事もありますから、ぜひそちらも合わせて読んでくださいね。

こちら>>敏感肌の男性が日焼け止めを塗る前にやっておきたい事とは?

最後までお読みいただきましてありがとうございました!