【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

敏感肌の男性におすすめしたい保湿成分とは?化粧水、美容液、クリームなど。

敏感肌の男性用保湿成分

敏感肌の男性におすすめの保湿成分 

敏感肌の男性におすすめの保湿成分を紹介します。

敏感肌になってしまう男性の特徴として一番大きな原因は、肌の乾燥です。

なので、肌の乾燥を防ぎ、しっかりと保湿するスキンケアが大切です。

今回は、かなりの効果が期待できる『保湿にもってこい』の成分を紹介しますね。

《目次》

 

【 保湿成分の代表3つとは?】

そもそも、スキンケア(保湿)の基本は、化粧水で肌に水分を与え、乳液やクリームでで水分を逃さないように蓋をすることです。

しかし、敏感肌の男性の場合は乳液は使わない方がよいでしょう

なぜなら、乳液には『界面活性剤』の一つである乳化剤が含まれているからです。

乳化剤は普通肌の男性にはあまり問題は無いですが、敏感肌の男性にとっては肌の脂分を過度に取ってしまう可能性があるからです。

なので、乳化剤が配合されていないクリームを使う方がよいでしょう。

さて、保湿成分といえば「セラミド」「ヒアルロン酸」「コラーゲン」の3つです。

聞いたことはありますよね?

この3つの保湿成分は、肌に働きかける効果がそれぞれで異なります。

以下で説明していきますね (*^^*)。

セラミド

セラミドは、もともと肌に存在する潤い成分です。

この潤い成分は、表皮の角質層にある細胞と細胞の隙間を埋め尽くす『細胞間脂質』の一つです。

また、セラミドは細胞間脂質の約40%を占めているんですよ♪

水分を保持するパワーがとても高い成分なので、肌にセラミドを補うことで高い保湿効果を発揮します。

ヒアルロン酸

ヒアルロン酸は、本来は肌の真皮に存在する保湿成分です。

1gで6リットルもの水分を抱え込む力があります。

細胞と細胞の間で水分を蓄え、肌に弾力をもたらすことから、シワやハリ不足にも効果的です。

保湿成分のセラミドとヒアルロン酸

コラーゲン

コラーゲンは皮膚の約70%を作っています。

コラーゲンは細胞と細胞の間に存在し、肌の弾力を作り上げています。

ほかの保湿成分「セラミド」や「ヒアルロン酸」と併用することで、肌への保湿力をより高めることができるんですよね~♪

【炎症を抑制する成分も大切】

グリチルリチン酸2k(グリチルリチン酸ジカリウム)

グリチルリチン酸2k(グリチルリチン酸ジカリウム)には抗炎症作用・抗アレルギー作用があります。

わかりやすく言うと、

・肌への刺激が少ない。

・かゆみや肌の赤みを抑える働きがある。

これらの特徴を持っているので、アレルギー肌やニキビに悩む敏感肌の男性に効果的です。

 

【敏感肌の男性は、とにかく保湿】

敏感肌になっている男性の肌は水分が減少してスカスカになっています。

例えるなら、蜂が一匹も居なくなった蜂の巣状態です。

肌がスカスカの蜂の巣状態

肌がスカスカになってしまうと外的刺激や紫外線から肌を守れません。

そもそも、肌が赤く炎症をおこしてしまったりするのは、過剰な免疫反応です。

なので、とにかく肌の保湿を心掛けて下さいね

最後までお読みいただきましてありがとうございました (*^^*)