【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

男性の足の臭い対策。足を洗っているのにまだくさい理由とは?

くさい足

足を洗っているのにくさい理由

毎日お風呂で足をきれいに洗っているのに、いつも足がくさい…。

「もしかして俺の足、腐ってる?」

こんなふうに自虐的になっていませんか?

足を毎日洗っているのに、まだくさい理由は3つあります。

  1. 足用石鹸を使っていない。
  2. 靴がくさい。
  3. 足の爪がくさい。

特に、3の『足の爪がくさい』は見落とされ気味です。

今回は、足を毎日綺麗に洗っているにもかかわらず、「まだ足がくさいんですけど」という男性に、その対策方法を紹介します。

 

1.足用の石鹸を使ってない

足の臭い対策の基本は、足を毎日綺麗に洗って清潔に保つことですが、普通の石鹸では足の硬い角質(垢)は取れません。

なので、足専用の石鹸を使わないとダメなのです。

普通の石鹸

足専用の石鹸は、普通の石鹸に比べると、洗浄力と殺菌力が強くなっています。

なので、身体の他の部位に使うのは止めて下さい。肌トラブルの元になりますからね。

▶おすすめの足専用石鹸はこちら↓↓

   

足の臭いの原因

足の臭いの原因は、足に居る常在菌が角質や皮脂(垢)をエサにして過剰に増える事によって起こります。

足の常在菌

また、足には汗腺がたくさんありますから、汗をかきやすいですよね?

そのため、靴の中は高温多湿になってしまいます。

高温多湿な環境を非常に好む常在菌は、靴の中でどんどん増えていきます。

なので、足に居る常在菌を殺菌しただけでは不十分なのです。

2.靴がくさい

臭い革靴

足を毎日綺麗に洗っているのに、まだ足がくさい原因の2つめは、靴がくさい事です。

先ほど触れましたが、靴の中は高温多湿な環境になっていますから足の常在菌が爆発的に増えてしまいます。

なので、靴を乾燥させる事が大切です。

 

靴を乾燥させる方法

靴を効率的に乾燥させる方法は、靴のローテーションです。

あなたは、毎日同じ靴を履いていませんか?

野球の先発ピッチャーは中4日ですが、靴は中2日で大丈夫です。。

という事は、靴が3足必要になりますね。

f:id:dddrrrppp123:20180808131958j:plain

革靴一足が1万円として、2万円余計にかかります。

お金はかけたくないが、多少の手間はかけても良い、という方は、靴の臭い対策様の『消臭中敷き』を3枚買いましょう。

そして、靴の中敷きのローテーションをやるのです。

靴の中敷きローテーション

まず、マー君、ダルビッシュ、前健と3つの消臭中敷きを買います(笑)

仕事から帰って来たら、消臭中敷きを外します。

翌朝、違う消臭中敷きを入れて出勤すれば良いのです。

外した消臭中敷きはベランダなどに1日干しましょう。

ポイントは、靴の中に消臭中敷きを入れっぱなしにしておかない事です。

▶おすすめの靴の中敷きはこちら↓↓

 

靴の殺菌スプレーも効果大

あと、靴の殺菌スプレーも使うと効果倍増です。

帰宅して中敷きを外したら殺菌スプレーを噴霧しておきましょう。

こうすることで、靴の中の細菌が死滅して繁殖は抑えられます。

▶おすすめの靴の殺菌スプレーはこちら↓↓

   

でも長い目で見ると靴を3足買った方がコスパ的には良いかもしれません。

3足ローテーションなら1足を履きつぶすスピードが通常の3倍遅いですからね。

赤い彗星の、専用モビルスーツとは逆!(笑)

 

3.足の爪がくさい

「足は毎日、足用石鹸で綺麗に洗っている」

「靴の乾燥にも気を付けている」

なのに、まだくさい (T_T)

そんな人は、足の爪が臭いの原因かもしれません。

足の爪がくさい、あしの指

爪に溜まる垢は、足の臭いの元となる雑菌の大好きな、古い皮脂や角質・汚れのカタマリです。

その爪垢を放置していると、どんどん細菌が繁殖し、とてもくっさ~い臭いを発します。

困った事に、奥深くに詰まった爪の垢は、お風呂でこすったくらいでは落ちません。

爪の垢対策

足の爪を切ってい様子

爪の垢対策としては、まず「こまめに爪を切ること」が挙げられます。

爪を長いまま放置していると、当然爪垢は詰まりやすくなりますよね?

「足の爪はけっこう伸びてから切る」という人が多いのではないでしょうか。

なので、こまめに切りましょう!

◉足の爪を切る時の注意点

足の爪を切る際には注意する事があります。

それは、切り過ぎには注意です。

切りすぎて深爪になってしまうと、爪垢は溜まりにくくなりますが、歩く際に足の指の肉が爪に食い込み痛んでしまったり、陥入爪や巻き爪を起こしてしまったりしますからね。

かなり痛いですよ (;^ω^)

巻き爪

爪を切る長さは、爪の先の白い部分(フリーエッジと言います)が1mmほど残る程度がおすすめです。

爪の先は指の形に合わせ、まず全体を横にまっすぐ切り、その後サイドを少しだけ斜めにカットします(この切り方をスクエアカットと言います)。

サイドを深く切り過ぎると、伸びた時に巻き爪になってしまいます。

フリーエッジが残るように切ることを心がけてくださいね。

◉爪垢を安全に取る方法

正しく爪を切っていても、垢はある程度は溜まってしまいます。

そこで「歯ブラシ」を使って、足の爪の垢を取りましょう。

歯ブラシで足の爪垢を取っている

お風呂に入った時に、足の爪の間を垢をかき出すようにブラッシングします。

毎日こまめに続けると効果があります。

でも、毎日ゴシゴシするのは面倒臭さいし疲れますよね?

お風呂はゆっくりと入りたいものです。

そこで、歯ブラシの代わりに使いたいのが『詰め垢取り』です。

ステンレス製の詰め垢取り

詰め垢取りは、ステンレス製で出来ていて先端がスプーン状なので安全です。

また、詰め垢が、ゴソッと取れるのでめちゃくちゃ気持ちいいですよ。

風呂から上がった後に使うのがおすすめです。

足の爪が柔らかくなっていますから取りやすいですよ (^^)

▶おすすめの詰め垢取りはこちら↓↓

   

まとめ

足を洗っているのに、「まだくさい!」という男性は、毎日足用石鹸を使って足の垢(角質や皮脂)を落とすことが大切です。

足の常在菌は、高温多湿を好みますから、普段から履いている靴の乾燥も重要です。

この2つの対策を施しても、まだ足がくさい理由は、足の詰め垢が原因ですから、爪をこまめに切る事と、詰め垢取りで垢をゴッソリ取る事が大切です。

以上の事に気を付けてあなたの足の臭い対策を行ってくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

NO MORE FEET SMELL !