【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

敏感肌の男性はオーガニックとノンケミカル日焼け止めがおすすめ

f:id:dddrrrppp123:20180405093821j:plain

敏感肌の男性におすすめの日焼け止めは?

敏感肌の多くの男性は「日焼け止めを塗るとかぶれてしまう」という悩みを持っています。

最近の日焼け止めはサラッとして使いやすかったり、SPFやPAが高く、紫外線をしっかりとブロックしてくれるものが多いですよね?

こういう日焼け止めの主成分としてよく使われているのが『紫外線吸収剤』です。

紫外線吸収剤は、肌の上で紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して放散することで、紫外線が皮膚の細胞に浸透するのを防ぎます。

これによって、使い心地の良さや、紫外線を防ぐ効果を高くしやすいというメリットがあります。

でも、化学変化を起こして紫外線を吸収しますから、人によっては肌に負担がかかってしまう場合があるのです。特に敏感肌の男性は注意が必要です。

「日焼け止めを塗ると肌がかぶれてしまう」という男性は、紫外線吸収剤が刺激になっているのかもしれません。

そこで今回は、肌への負担が少ない『オーガニック日焼け止め』『ノンケミカル日焼け止め』を紹介します。

 

紫外線吸収剤を使っていない日焼け止めはこちら>>紫外線吸収剤フリー「ZIGEN」

《目次》

 

オーガニックの日焼け止めとは?

f:id:dddrrrppp123:20180405094935j:plain

オーガニックとは「有機栽培」という意味なのはご存知ですよね?

合成化学農薬や化学肥料に頼らず、有機肥料などを用い、土壌の持つ力を活かして栽培する農法のことです。

そして、この有機栽培で育てられた植物エキスを中心に配合して作られている日焼け止めが、オーガニックの日焼け止めです。

一般的な日焼け止めには、肌の刺激になるような化学成分も多く使われています。

でもオーガニックの日焼け止めは、化学成分の使用を抑えているので、肌にやさしく、安心して使えるのが魅力です。

また、肌本来が持っている自然治癒力を引き出すので、使っているうちに肌を健康的な状態へと導いてくれるとも言われています。

オーガニック日焼け止めなら安心?

f:id:dddrrrppp123:20180405095332j:plain

ただし、オーガニックの日焼け止めなら、どんな製品でも、誰でも安心して使えるというわけではありません。

なぜなら、オーガニック製品に配合されている植物エキスは、非常に複雑な構造をしています。

そのため、人によっては刺激を感じたり、アレルギー反応を起こしたりすることもあるからです。

また海外では、各国にオーガニックを認定する第三者機構があり、それぞれの機関で定めた厳しい審査基準を通過したブランドやアイテムだけが、オーガニック認定を受けることができますが、 日本にはオーガニックコスメの認証機関がありません。

 

日本では、オーガニック成分が少し配合されているだけで、他の化学成分が多い製品でも「オーガニック」と謳っている場合もあります。(ひどいですね。。。)

自分に合ったオーガニック日焼け止めは?

f:id:dddrrrppp123:20180405095902j:plain

オーガニックの日焼け止めを購入するときは、ちゃんと成分表示を見て、製品中にどの程度の割合で、オーガニック成分が含まれているのかを確認するべきです。

オーガニックと謳っているのに、合成防腐剤や合成界面活性剤、鉱物油、合成の油、タール色素など、肌に問題を起こしやすい化学成分が含まれていないこともチェックしてくださいね。

また、海外ブランドのものであれば、オーガニック認定を取れている製品を選べば比較的安全です。

 

海外の主なオーガニック認証には、USDA(アメリカ)、HOFA(ハワイ)、ECOCERT(フランス)、BDIH(ドイツ)、SOIL ASSOCIATION(イギリス)、Na True(ヨーロッパ諸国)などがあります。

そして一番大切なのが、自分の肌に合うかどうかです。

本格的に使い始める前に、まずは目立たない部分の肌につけて、つけ心地や肌質に合うかどうかを、確認しましょう。

 

 

ノンケミカル日焼け止めとは?

f:id:dddrrrppp123:20180405100848j:plain

ノンケミカル日焼け止めとは、紫外線吸収剤を使わずに『紫外線散乱剤』で作られた日焼け止めのこと です。

紫外線散乱剤は、皮膚の上に粒子(白色顔料)で膜をはり、鏡のように紫外線を反射させることで、紫外線の影響を防ぐ働きをする成分です。

光を乱反射させるミラーボールのような感じですね(笑)

 

化学変化ではなく、物理的に紫外線を防ぐので、肌への負担が少ないのが魅力です。 「ノンケミカル」「ケミカルフリー」「吸収剤フリー」などの表示があるものがこのタイプです。

ノンケミカル日焼け止めのデメリット

f:id:dddrrrppp123:20180405101724j:plain

ノンケミカル日焼け止めのデメリットは、主成分の『紫外線散乱剤』に粒子が入っているので、白浮きしやすかったり、粒子が肌の上で水や脂を吸着して肌に乾燥を感じたり、ざらついた感触がすることです。

夏の海水浴場やプールで顔が真っ白になっている男性いますよね。。。(;^ω^)

でも最近、粒子を細かくすることで、こういうデメリットを改善した製品も徐々に増えて来ています。

なので、購入する際は店頭のテスターで試し塗りをして、使用感や肌に合うかを確認するようにして下さいね。バカ殿防止!(笑)

自分に合った日焼け止めが見つかるといいですね。

では、最後までお読みいただきましてありがとうございました。