【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

男の肌に合った洗顔料選び。肌タイプ別にまとめてみた。

f:id:dddrrrppp123:20180327132739j:plain

男の肌に合った洗顔料選びとは?

自分(男性)の肌に合った洗顔料選びで悩んでいませんか?

男性用の洗顔料は色々な種類があって、どれを選んだらいいのかイマイチ分かりませんよね。

「石鹸タイプがいい?」「泡タイプが便利?」「ジェルタイプはよく落ちる?」色々あるから迷ってします。

「これがいい!と聞いて使って見たけど効果が無い」なんて経験はありませんか?

じつは、あなたの肌タイプによって選ぶべき洗顔料は決まっています。

そこで、今回は『男の洗顔料の種類』と、『肌タイプ別に選ぶべき洗顔料』を紹介します。

 

男の洗顔料の種類

まずは、市販されている男の洗顔料の種類と特徴を紹介します。

男性用の洗顔料には、石鹸タイプ、泡タイプ、ジェルタイプ、フォームタイプの4種類があります。

石けんタイプ

f:id:dddrrrppp123:20180328125349j:plain
石けんタイプは、オーガニック素材や天然由来成分が豊富なものなど、たくさんの種類が販売されています。

なので、自分の好みや肌質に合わせて選べます。

石鹸タイプは使用時にはしっかりと泡立てる事が大切です。

泡タイプ

f:id:dddrrrppp123:20180328125412j:plain
泡タイプははじめから泡立ちやすいようにポンプに入って売られているので泡立てる手間がかかりません。

洗顔の基本は、しっかりと洗顔料を泡立てることです。その泡で顔を優しく洗うのが正しい洗顔方法です。

間違っても手でゴシゴシと肌に刺激を与えて洗ってはいけません。

ただ、泡立てるのはちょっとめんどくさい、という人もいます。そんな方には泡タイプがおすすめです。

ジェルタイプ

f:id:dddrrrppp123:20180328125436j:plain
ジェルタイプの洗顔料は、もともと含まれている水分量が多く泡立ちがよいのが特徴です。

すっきりと洗い上がるので、男性に人気があります。(汚れが落ちた感じを味わえる)

ただ、洗浄力が高い反面、ぬるっとした感触が残りやすいので、ジェルタイプの洗顔料で顔を洗った後は、ぬるま湯でしっかりと洗い流すことが大切です。

フォームタイプ

f:id:dddrrrppp123:20180328125453j:plain
フォームタイプは、もっとも広く普及している洗顔料です。

大体がチューブに入って販売されていますよね。

分量を適切に守り、きちんと泡立てることに気をつけていれば、特に使用上の注意点はありません。

ただ、中には研磨剤を含有している「スクラブ入り」のものがありますが、肌を損傷するおそれがあるので、敏感肌の方や肌荒れの時は、使わないで下さい。

 

肌タイプ別に選ぶべき洗顔料

肌タイプごとに選ぶべき洗顔料について解説します。

肌タイプは、乾燥肌、敏感肌、脂性肌(オイリー肌)に分けています。

乾燥肌の場合

乾燥肌になる原因は、保湿成分の減少です。

肌の一番外側には『角質層』があります。

『角質層』の中には、セラミド(細胞間脂質)や MMF(天然保湿因子)などの保湿成分があるのですが。。。

乾燥肌の場合はこれらが減っている状態です。

なので、それを洗い流し過ぎないよう注意が必要です。

また、洗顔料の主成分である「界面活性剤」が正常な肌に比べ、角質層に与える影響も大きい可能性があります。

よって、乾燥肌の方は、洗い流せばすぐ界面活性力が失われる「純石けん」を選ぶべきです。

ただ、純石けんを使用すると肌がつっぱる感じがする場合があります。

でもこれは、肌の保湿成分が失われたのではなく、弱酸性である肌が一時的にアルカリ性に近づいたことが原因ですから、特に気にする必要はありません。

敏感肌の場合

敏感肌の人は、界面活性剤に特に気をつける必要があります。

強い洗浄力を持つ界面活性剤を使うと、皮膚の表面にある汚れや不要な古い角質だけでなく、皮脂膜・角質層といった肌を守るバリアの役割を持つ成分にまでダメージが及ぶことがあります。

この結果、敏感肌が余計に悪化してしまうことがあります。

敏感肌の方は、肌に対する刺激が少ない石けんタイプを選ぶのがおすすめです。

オイリー肌の場合

オイリー肌の方は、過剰に脂が分泌されている状態です。

本来、皮膚の脂分は水分が蒸発してしまわないように肌の表面を覆って保湿力を高めています。

さらに外部の刺激から肌をガードするバリアの働きも持っています。

ですから、肌の脂分はとても重要なのですが。。。

しかし、オイリー肌の方は過剰に脂が分泌されていますから、1日過ごした後そのままでいると、皮脂が酸化してしまい、肌の状態を悪化させてしまうことがあります。

オイリー肌の人は乾燥肌・敏感肌の方とは異なり、帰宅後は直ぐにクレンジン剤を使って、しっかりと余分な皮脂を洗い落とす必要があります。

ただ、あまり強すぎるものはかえって肌にダメージを与えます。

そこで、Tゾーンや顎など、テカリが気になる部位だけクレンジング剤が入ったフォームタイプを使用し、全体はジェルタイプのものを使用するという、部分別洗顔法もオススメです。

朝は、夜眠っている間に割と汗をかいていますので、それを落とす意味でも洗顔料を使って洗いましょう。

 

洗顔料選びまとめ

肌タイプ別に選ぶべき洗顔料を紹介してきましたが、乾燥肌・敏感肌の方は純石鹸を選ぶべきです。

オイリー肌の方は、帰宅後直ぐにクレンジング剤を使って余分な皮脂を洗い落とす必要があります。

ただ粒入りのクレンジング剤は肌を傷つける場合がありますから、テカリが気になる部分はクレンジングフォームタイプ、その他の部分はジェルタイプや泡タイプと使い分けで選ぶのも良い方法です。

また、いずれの肌タイプの方でも基本は洗顔料をよく泡立てて、手ではなく泡で洗う感覚が大切です。

洗顔料の泡立てには、洗顔用のネットを使うと簡単に泡を立てられますよ(^^)

 

ただ、注意して欲しいのは、男のスキンケアは、『洗顔をしたら完了!』ではありません。

男のスキンケアにとって、洗顔後の保湿はとても大切です。

化粧水と乳液による保湿を怠ると、いくら顔を一生懸命に洗っても肌は全然綺麗にはなりません。

男の肌保湿の方法はこちらを読んでください。↓

もし洗顔料で肌荒れしたら、使っている洗顔料を持って、直ぐに皮膚科に行ってくださいね。

男の美肌は自分に合った洗顔料を選ぶことからです!

美肌を手に入れて仕事もプライベートも充実出来るといいですね。

おすすめの純石鹸とクレンジング剤

下記におすすめの純石鹸とクレンジング剤を紹介しておきます。

おすすめの純石鹸↓

《アレッポの石鹸》

 

 

おすすめのクレンジング剤↓

《オルビス ミスターフェイシャルクレンザー》

 

 

おすすめのスキンケア商品

洗顔料と化粧水が初回500円で始められるセットがあります。

それが、『バルクオム』です。

バルクオムはスキンケア初心者の男性には、ピッタリな商品です。

あれこれと選ぶ手間が無いですし、ドラッグストアなどで売られている安価な商品とは一線を画します。

その理由は『化粧水にエタノールがほとんど入っていないから』です。

詳しくはこちらの記事↓↓

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました!