【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

子供のワキがは何歳から発生する?手術は何歳からできるの?男親として出来る対応策。

 悩む子供(思春期の女子)

男親が出来る子供のワキが対策

自分の子供がワキがかも?

いや、この子のわきの臭いはワキがだ!

こんな時、男親のあなただったらどうしますか?

今回は、自分の子供がワキがだった場合の対策を紹介します。

 

目次↓↓

 

子供のワキがは何歳から発生するのか?

脇に集中的に存在し、ワキがの原因となる汗を分泌する「アポクリン汗腺」は、思春期の頃に成長・活性化します。

アポクリン汗腺の図

したがって、子供のワキがは何歳から発生するのかというと、13歳~15歳くらい(思春期以降)に発生します。

後ろを向いて立つ13歳~15歳の女子中学生

子供のワキがの低年齢化

しかし、近年では、食生活の欧米化などで子どもの肉体的な成長が早まり、ワキガの発生も低年齢化しています。

 

小学校低学年の女子

早ければ、9歳くらい(小学校低学年)でもワキガが確認できることもあります。

 

 

子供のワキが手術は何歳から出来る?

子供のワキが手術は何歳から出来るのでしょうか?

ワキが手術には特に年齢制限はありません。

なので、子供のワキが手術は何歳からでも出来ます。

ただし、注意が必要です!

アポクリン汗腺は、成長・再生する

ワキがの原因は「アポクリン汗腺」から出る汗ですが、このアポクリン汗腺は成長・

再生します。

アポクリン汗腺は年齢とともに大人になるまで増えていくので、子どもの年齢が低い場合は一旦切除しても、また生まれて来ます。

一旦切除しても生えてくるトカゲのしっぽ

なぜなら、アポクリン汗腺は生まれつき数が決まっているからです。

例えばアポクリン汗腺が生まれつき100個出来る体質だとして、子どもの時に50個切除しても、その後50個出来てしまうのです。

また、手術でアポクリン汗腺を全て切除したつもりでも、医師の腕によっては切除し切れていない場合があります。

手術をする医師

すると再生能力が高いアポクリン汗腺は、また増殖していきます。

なので、子供のワキが手術は何歳からでも出来ますが、アポクリン汗腺が十分に発達した大人になってから手術を行うのがおすすめです。

 

男親として出来る子供のワキが対策

子供のワキがは、いじめの原因になることは間違いありません。

クラスメイトから「くさい!」「不潔!」「ばい菌!」などと言われてしまうかもしれません。

背中に貼り紙をされていじめにあう子供

ワキがは、病気や不潔だからではなく体質であり、

「欧米人や黒人の人達は、ほとんどがワキがだ」という事をクラスメイトに説明するのは難しいでしょう。

優しく見守るのが大切

自分の子どもがワキがでいじめられるのでは?と思うと、どうしても直接指摘して、無理矢理にでも消臭スプレーなどを使わせたくなるのも親心です。

「そのままじゃ臭いからこれを使いなさい」などと言ってしまうこともあるかもしれません。

スプレーして!と言う親と言われて泣く子供

しかし、親がそうやって過剰に反応すると、逆に子どもが「自分は臭いんだ」という認識をしてしまいます。

そうなってしまうと、クラスメイトのいじめと、大差はありません。

親に対してもトラウマを持ってしまうと、その後の対処はさらに難しくなってしまいます。

あなたが、子どものワキがに気づいたら、まずは子ども自身が自分の臭いに気づくまで、やさしく見守るのが大切です。

具体的な子供のワキが対策

あなたが、子供のワキがを抑えるためにできることはたくさんあります。

具体的には、

  • ワキが対策用のボディソープを買う。
  • 洗濯にデオドラント効果のある洗剤を使う。
  • 子どもが洋服を着る前に、ワキが対策用の衣類用消臭スプレーをしておく。

子供には、最初気付かれないよう、家族全員で使うのが良いと思います。

子供に相談された時は?

子どもが自分のワキガに気づいたら、相談してくることもあるでしょう。

その時にはしっかり話を聞き、アドバイスをしてあげて下さい。

その時のために、ワキガ対策の知識を貯めておくのも男親としてできることの一つと言えますよね。

奥様(母親)も大切

女の子の場合は、母親に相談するでしょう。

なので、奥様にもワキが対策の知識を貯めてもらうよう、夫婦間でコミニケーションを取ってくださいね。

以下ではワキが対策の記事を紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

ワキが対策の記事↓↓