【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

【口内炎の早い治し方】病院がおすすめ!でも何科に行けばいい?

 口内炎を痛がる男性

口内炎を治す病院は何科?

口内炎は放っておけば、1~2週間で自然に治りますが、

「早く治したい!」

「直ぐに痛みを消したい!」

「明後日プレゼンがあるから咬みたくない。。。治し方を直ぐに知りたい」

という男性には、病院での治療がおすすめです。

 

口内炎は何科に行けば良い?

「病院に行けば、当然治るでしょう」

でも、何科に行けばいいの?

こんなふうに思っている男性は多いのではないでしょうか?

結論から言うと、口内炎の治療は、「耳鼻咽喉科」に行くのが一般的です。

また、皮膚科、歯科、口腔外科、内科でも治療は可能です。

美人な女医さん

ただし、これらの病院であれば、どこの病院でも、口内炎に対応しているというわけではありません。

なので、病院を受診する際は、口内炎の治療を行っているかどうかを、事前に電話などで確認しておくと良いでしょう。

 

口内炎が一回の治療で済む方法

病院での口内炎の治療は、患部を消毒・洗浄した上で、塗り薬や貼り薬を処方するのが一般的です。

でも、これでは完治は早まりますが、今すぐ治るという訳ではありません。

そこでおすすめなのが、「レーザー治療」や「高周波治療」を行っている病院に行くことです。

「レーザー治療」と「高周波治療」

レーザー治療

「レーザー治療」や「高周波治療」は、レーザー光線や高周波の電流を照射して、患部を焼くことで、殺菌したり、炎症を鎮めたりするというものです。

1回の治療で、口内炎の痛みがほとんど消え、早く治るケースが多いといわれています。

ひどい口内炎で、食事が取りづらいような時や、人前で喋らなくてはいけない時などは、こういった治療を受けてみてはいかがでしょうか?

口内炎のレーザー治療や高周波治療を行っている病院は、耳鼻咽喉科、歯科、歯科口腔外科などに多いです。

ただ、全ての病院でやっているわけではないので、事前に電話などで問い合わせましょう。

注意点

「レーザー治療」や「高周波治療」は保険が適用されません。なので実費を払う必要があります。

費用は病院によってまちまちですが、数百円~3,000円の間が一般的です。

 

口内炎が出来た時の注意点

口内炎が出来た時の注意点は、ニキビができた時にやりがちな、間違った行動と同じです。

つまり、潰してはいけない、という事です。

口内炎は、口の中に雑菌やウイルスなどが繁殖し、炎症を起こすことで発症します。

このため、無理やり潰すと、患部に雑菌が入って炎症が悪化したり、口内炎の種類によっては、口腔内にウイルスが拡散して、新しい口内炎を増やしてしまったりする可能性があります。

なので、塗り薬や貼り薬をつけるとき以外は、触らないようにしましょう

Don't Touach This !