【メンズ美容入門】男の悩みを解消してイケメンになるブログ。

メンズ美容に関するブログです。男の肌の悩みを解消する方法や、臭い対策について紹介しています。

セラミドは男の乾燥肌対策に効果大!セラミドの特徴と選び方。

f:id:dddrrrppp123:20180324120604j:plain

「セラミドって一体何?」今回はこの疑問にお答えします。

まず最初に乾燥肌の保湿を考えるとき、一番大切なのは『肌自体が持つ保湿機能を損なわないようにする』ということです。

角質層にある、皮脂や天然保湿成分、細胞間脂質(セラミド)はそれだけで十分な保湿力を持っています。

なので、肌をこすりすぎたり洗い流しすぎたりしないように気をつけなくてはいけません。

乾燥肌の肌ケアには、セラミド・アミノ酸などを含んだ保湿剤を使用するのが効果的です。

では、具体的にセラミドについて解説していきますね。

(注)この記事は セラミドってよく聞くけどいったい何?男の敏感肌にも必要?

の記事を元に乾燥肌の方用に編集しました。

セラミドとは?

 

f:id:dddrrrppp123:20180324081143j:plain

セラミドは表皮の一番上の層である角質層(かくしつそう)に存在しています。

角質層には細胞がたくさんありますが、その細胞と細胞の間を埋めるのが細胞間脂質(さいぼうかんししつ)です。

細胞間脂質は水分を蓄えて肌を保湿します。また、細胞間をすき間なく埋めることで外部からの刺激を遮断(バリア)します。

その細胞間脂質の50%の成分がセラミドです。

セラミドの特徴

セラミドは水分との親和性が高いのが特徴です(肌の水分と引っ付き易いという事ですね)。

このためセラミドは優れた保湿効果を発揮します。その結果、肌にうるおいの効果をもたらすのです。

また肌のバリア機能も高めてくれています。

f:id:dddrrrppp123:20180324100746j:plain

逆にセラミドが減ると肌の水分が減ってしまいます。

すると肌のバリア機能が低下することになり、肌内部からの水分維持ができにくくなります。

その結果、乾燥して水分が蒸散し潤いのないカサカサ肌になってしまいます。

f:id:dddrrrppp123:20180324100933j:plain

セラミドを積極的に取り入れた保湿ケアで、皮膚のバリアを復活させれば、敏感肌を解消できる確率はかなり高まります。

 

セラミドとアトピー性皮膚炎の関係

f:id:dddrrrppp123:20180324101536j:plain

アトピー性皮膚炎によって起こる肌のカサつき、肌荒れなどには、セラミドが不足していることが確認されています。

アトピー性皮膚炎の人は、もともとセラミドが少ないという特徴があります。そのことで肌のバリア機能が低下してしまいます。

その結果、肌が乾燥して抗原や化学物質が肌内部に入りやすくなります。

抗原が肌に侵入すると、アレルギー反応が起こり、かゆみや炎症が起こるのです。

ですから、保湿効果のあるセラミドを取り入れてみるのも良いと思われています。

セラミド豆知識

今から約2億2千年前、生物が海から陸に上がる進化をとげた頃、水の外で生きていくために、からだを乾燥から守るための成分が必要でした。

そこで肌(角質層)の中に生まれた成分が、「セラミド」だったんですよねー。

クイズ東大王に出題されるかな?(笑)

f:id:dddrrrppp123:20180324103258j:plain

セラミドを補う方法

セラミドを補う方法は2つです。

  1. 化粧品によって肌から浸透させる方法。
  2. サプリメントによって内側から補う方法。

2のサプリメントで補う方法は懐疑的な印象があります。つまり「賛否両論ある」という事ですね。

f:id:dddrrrppp123:20180324110031j:plain

ただ、セラミドを補うには「ビタミンCが有効である」という事は分かっていますのでセラミド配合のサプリメントを買って飲むよりはビタミンCを積極的に摂った方がいいでしょう。

「ビタミンCは肌にいい!」と昔から言われているのはこのためなんでしょうね。

 

化粧品に入っているセラミドの種類

化粧品に配合されているセラミドですが、じつは色々な種類があります。

それは以下の5つです。

  1. 動物の脳や脊髄から抽出した「天然セラミド」
  2. 酵母を使って人間の皮膚内のセラミドに似せて作られた「ヒト型セラミド(バイオセラミド)」
  3. こんにゃく芋や米ぬかから抽出された「植物性セラミド」
  4. 牛乳から抽出された「ミルクセラミド」
  5. 石油から作られた「合成セラミド(疑似セラミド)」

最近の傾向としましては、1の動物から抽出した物は少なくなってきています(狂牛病の影響)代わりに3の植物性セラミドが増えてきました。

ただ、セラミドを配合しただけでは、角質層のごく表面にしか届かない場合があります。

そのため、セラミドをナノ化させるなど、角質層の隅々まで浸透しやすく配慮されたものを選ぶと効果の期待は高まります。

セラミドの正しい選び方

セラミドの正しい選び方のポイントは3つです。

  1. ヒト型セラミド配合のものを使うこと。
  2. セラミドナノスフィアが良い。
  3. セラミド配合量の多いものを選ぶこと。

1、ヒト型セラミド配合のものを使うこと

先ほどセラミドの種類を紹介しましたが、気になる単語が出てきましたよね?

それが『ヒト型セラミド(バイオセラミド)』です。

化粧品に配合されているセラミドは、人間のお肌の角質層にあるセラミドと同じ化学構造を持つものが良い、というのはお分かりですよね。

なので、セラミドを選ぶ時は『ヒト型セラミド(バイオセラミド)』が配合された商品を選ぶ事が大切です。

その他のセラミドは、保湿力がヒト型セラミドには劣るので避けた方が良いと思います。

2、セラミドナノスフィアが良い。

ヒト型セラミドの中でも『セラミドナノスフィア』という、通常のセラミドの20分の1の大きさまで小さくした成分があります。

保湿効果が高いヒト型セラミドでも、浸透は角質層の表面までですが、セラミドナノスフィアであればナノサイズ(通常の1/20のサイズ)なので、角質層の隅々まで浸透します。

3、セラミド配合量の多いものを選ぶこと。

セラミドは比較的高価な成分です。

極端に価格の低い商品はセラミドが微量しか含まれていない可能性があります。

化粧品の量にもよりますが目安としては1本あたり3000円以上で、配合量ちゃんと明記されている商品を選んだ方がいいでしょう。

また、セラミド以外の保湿成分と一緒に何か他の保湿成分が配合されている化粧品がオススメです。

セラミドが入った化粧品は、乳液またはクリーム状のものか、ドロッとしたテクスチャーのものが主流です。

逆に、サラッとしたテクスチャーもありますが、セラミドの配合量が極めて少ないか、界面活性剤が多く使われている可能性が高いです。

セラミドは水に溶ける水溶性ではなく、油に溶けやすい脂溶性なので、サラッとした水のようなテクスチャーはちょっと怪しい感じですね(笑)

以上のことを注意してセラミド配合化粧品を選ぶといいですよ。

不安な方は、メーカーに直接問い合わせる事をおすすめします。

ヒト型セラミドを沢山含んでいる人気の化粧品と、楽天で人気のセラミドナノスフィアを紹介しておきます。

ヒト型セラミドはコチラ↓

 

 

角質層の隅々まで浸透する、ヒト型セラミドナノスフィアはこちら↓

 

 

セラミド化粧品を上手に使って肌の乾燥を防いでくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました!